修学旅行の地へ再度温泉旅行

小学校や中学校のとき、修学旅行で温泉地へ行ったという方、結構いるのでは?

かく言う私もその一人。小学校の修学旅行は、長崎県雲仙でした。

それから随分と時が流れ(笑)、すっかりオトナと呼ばれる年齢になった今、友人に誘われて長崎県雲仙へ、温泉旅行へ行くこととなったのでした。

なんせ修学旅行で行ったきり。温泉旅行に行くことはあれど、雲仙には
足を運んでおらず、人生で、これが二度目の雲仙。私の記憶にあるのは
遠い過去の雲仙の街並み…

行ってみてビックリ。確かに私の記憶にある雲仙が、目の前にある!

もう何十年の月日が流れているのに…。それはちょっとした感動にも似た、感覚でした。

そして温泉に入って、二度目のビックリ。こんなに気持ちよかったっけ???(笑)
まー、考えてみれば当然です。

小学生に温泉の良さなんて、わかるわけがない。(笑)

温泉の良さは、歳を重ねるごとに、身体の衰えと共に(!)

増幅していくものなんだと、改めて実感したのでした。

で、たまたま修学旅行生らしき団体を見かけたりもして、なんとも
懐かしいような気持ちになりました。

けど、あの子らはまだ、温泉の真の良さなんて、わかんないんだろうなぁ(笑)

子供のとき、修学旅行という形で、自分の意思とはなんら関係なく連れていかれた温泉地。

オトナになった今、今度は自分の意思で温泉旅行に出掛けてみてはいかがですか?

何とも言えない新しい発見ができること、間違いナシですよ♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。